Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃の発信地をGoogleマップ上で紹介 - ラック

ラックは、サイバー攻撃の発信地をGoogleマップ上で表示するウェブページ「脅威は世界中からやってくる」を公開した。

同ページは、同社が設置しているハニーポットで検知した攻撃について、IPアドレスを元に発信源となっている国や地域をGoogleマップ上に表示するサービス。最新500件の脅威から一部を抜粋し、30分ごとに更新する。GoogleマップのAPIを利用しているため、拡大や縮小、航空写真の切り替えなど自由に操作できる。

同社では、同サービスを通じて国外からのサイバー攻撃が身近な存在であることをアピールし、セキュリティ対策の意識向上など、啓発活動に貢献したいとしている。

脅威は世界中からやってくる
世界各国に散らばる攻撃の発信地を表示

(Security NEXT - 2008/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
大企業の4社に1社、CISO同等ポジションを未設置
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
中国IPアドレスからの攻撃がウクライナ侵攻後に大幅増
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件