Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃の発信地をGoogleマップ上で紹介 - ラック

ラックは、サイバー攻撃の発信地をGoogleマップ上で表示するウェブページ「脅威は世界中からやってくる」を公開した。

同ページは、同社が設置しているハニーポットで検知した攻撃について、IPアドレスを元に発信源となっている国や地域をGoogleマップ上に表示するサービス。最新500件の脅威から一部を抜粋し、30分ごとに更新する。GoogleマップのAPIを利用しているため、拡大や縮小、航空写真の切り替えなど自由に操作できる。

同社では、同サービスを通じて国外からのサイバー攻撃が身近な存在であることをアピールし、セキュリティ対策の意識向上など、啓発活動に貢献したいとしている。

脅威は世界中からやってくる
世界各国に散らばる攻撃の発信地を表示

(Security NEXT - 2008/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
CEO半数弱が「サイバー攻撃の脅威」に懸念 - PwC調査
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」