Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーに不正アクセス、他社アカウント情報用いた「なりすまし攻撃」 - 有効アカウント9万3000件が一致

「PlayStation Network」など、ソニーグループが提供しているオンラインサービスに対し、他社アカウント情報を用いてログインを試みる不正アクセスが、大量に行われていたことがわかった。

ソニーおよびソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)によれば、米国時間10月7日から10日にかけて、同社サービスに対し、他社サービスのアカウント情報を流用したと見られる不正ログインが、何者かによって試行されていたという。

今回の攻撃でログインが試されたアカウント情報のうち、「PlayStation Network」と「Sony Entertainment Network」であわせて約6万件、「Sony Online Entertainment」で3万3000件が、同社で現在有効なユーザーアカウントと一致した。

同社は、これらアカウントを一時停止。対象ユーザーへ、パスワードの変更を促すメールを送信した。停止前に不正ログインされたアカウントは、限られた一部にとどまるとの認識を示しているが、「なりすまし」による影響について、引き続き調査を進める。

また同社は、今回の攻撃をあくまで「なりすまし」によるものとし、アカウント情報が保存されているサーバへの不正侵入を否定。クレジットカード情報の漏洩なども発生していないことを強調している。

(Security NEXT - 2011/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致