Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」利用時にDoS攻撃受けるおそれ

「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」利用時にDoS攻撃を受けるおそれがあることがわかった。最新版で修正されており、開発チームはアップデートを呼びかけている。

20180328_as_001.jpg
開発チームでは「S2-056」としてアナウンスし、注意喚起を行っている

「Apache Struts 2」に含まれるRESTプラグインの「XStreamライブラリ」に、脆弱性「CVE-2018-1327」が存在することが明らかとなったもの。

細工されたXMLリクエストを読み込むと、サービス拒否が発生するおそれがある。重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。

開発チームでは、3月16日にリリース済みのGeneral Availability版である「同2.5.16」にて対応したとしており、同版に同梱される「Jackson XMLハンドラ」へ切り替えるよう呼びかけている。アップデートできない場合の回避策としても、「XStreamハンドラ」のかわりに「Jackson XMLハンドラ」を利用するようアナウンスしている。

また脆弱性の判明を受けて、注意喚起を行ったJPCERTコーディネーションセンターによれば、今回明らかとなった脆弱性を悪用する攻撃は発生していないという。

(Security NEXT - 2018/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート