Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索エンジン「HP Autonomy Ultraseek」にXSSの脆弱性

HPの企業向け検索エンジン「HP Autonomy Ultraseek」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、同製品において特定の文字コードの処理に脆弱性「CVE-2013-6196」が存在。悪用されると、ユーザーが使用するウェブブラウザ上で、任意のスクリプトが実行されるおそれがある。同脆弱性は、「同v6」以降で修正されており、最新版へアップデートすることで解消できる。

今回の脆弱性は、ネットエージェントが情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2013/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件
Apple、「iOS 13.5」などリリース - 修正脆弱性は今後発表
Adobe製オーディオ編集ソフトに脆弱性 - 更新を実施
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
低消費電力通信「Bluetooth」に複数脆弱性 - なりすまし攻撃「BIAS」が判明
「Adobe Premiere」に脆弱性 - 「Pro」「Rush」それぞれに判明
ライブアニメソフト「Adobe Character Animator」に深刻な脆弱性