Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県

埼玉県は、特別支援学校において、生徒の画像を含むメディアが挿入されたデジタルカメラが所在不明になっていることを明らかにした。

同県によれば、10月3日、教諭が校内で14時ごろまでデジタルカメラを使用して生徒を撮影した後、教室内の机の上に置いたが、15時50分ごろ紛失していることが判明したもの。

紛失したカメラ内のSDメモリカードには、生徒14人を撮影したデータ約30件を保存していた。

同校では警察へ紛失届を提出。対象となる生徒の保護者に書面を配布し、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育園で園児の画像を含むデジタルカメラを紛失 - 鎌倉市
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
保育園で園児の画像含む記憶メディアを紛失 - 吹田市
患者情報含むメディアが所在不明に - 昭和大学歯科病院
特別支援学校で児童情報含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
保育園で撮影画像含む記録メディアを紛失 - 文京区
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
児童の写真を記録したメディアが所在不明 - 鎌倉市