Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導

福島信用金庫のウェブサイトが不正アクセスを受け、一部ページが改ざんされたことがわかった。偽の警告を表示し、マルウェアのインストールや電話をかけさせる「サポート詐欺」に悪用されたという。

20181002_fs_001.jpg
不正アクセスを受けた福島信用金庫

同金庫によれば、サイトにある店舗の一覧ページや、ニュースコンテンツとして掲載した「第6回ふくしんこども応援賞」のページが改ざんされたもの。

偽の警告文で閲覧者の不安を煽り、マルウェアをインストールさせたり、電話で情報をだまし取る「サポート詐欺」の踏み台に悪用されたと見られる。

具体的には、改ざんされたページにアクセスすると外部サイトへ誘導。「Windowsシステムが古くなり破損していることが検出されました」などと表示。修復行為に見せかけた画面へ遷移し、「Power System Care」を名乗るマルウェアをダウンロードするよう促していた。

ダウンロードしたマルウェアを実行するとパソコンを診断したかのように見せかけ、問題の対処などと称してフリーダイヤルに電話するよう誘導、クレジットカード情報がだまし取られるという。

同金庫ではすでにサイトを修正。心当たりのある利用者に対し、同金庫まで連絡するよう呼びかけるとともに、被害が発生した場合は警察へ相談するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
飛鳥歴史公園の利用者向けサイトが改ざん - 無関係なコンテンツ
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
東北工業大の関連サイトで改ざん被害 - ファイル内に難読化スクリプト
不正アクセスでサイト改ざん、情報流出は否定 - 都立大
ウェブサイトの問合フォームが改ざん被害 - はくさん信金
美容グッズ通販サイトで顧客情報流出のおそれ - 店舗利用者にも影響
サイト改ざんで一時アクセス不能に、検索サイトで不正表示も - 砺波信金