Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アマチュア囲碁大会、案内メール500件を誤送信 - 日本棋院

日本棋院は、宝酒造との共催によるアマチュア囲碁大会の参加者へ送信したメールにおいて誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同法人によれば、8月27日にアマチュア囲碁大会「宝酒造杯 囲碁クラス別チャンピオン戦」の東京大会の参加者へ送信した参加確認メールにおいて、誤送信が発生したもの。送信先を誤って宛先に設定したため、参加者のメールアドレス500件が受信者間で閲覧できる状態となった。

同日、メールを受信した参加者からの指摘で誤送信が判明した。同法人では対象となる参加者に対し、謝罪するメールを送信。あわせて、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面