Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童手当に関する書類の誤発送で個人情報流出 - つくば市

茨城県つくば市は、児童手当現況届の提出依頼通知において誤発送が発生し、児童手当受給者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同市によれば、8月13日に児童手当現況届の提出を依頼する通知を発送したが、関係ない別の受給者に関する書類が混入したという。翌14日に通知を受け取った受給者から指摘があり、判明した。

書類を封入する封筒が25件分不足していることが発送前に気が付いたが、確認していなかったという。

同市では、書類の混入により個人情報が流出した可能性のある25世帯に対し、直接訪問して謝罪し、誤発送した通知の回収を進めるとしている。

(Security NEXT - 2018/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市