Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、公開サーバで利用されるOSSのセキュリティ情報を発信

情報処理推進機構(IPA)は、公開サーバで多く利用されているオープンソースのセキュリティ情報を提供するウェブページを公開した。

同機構では、これまでも注意喚起サービス「icat」などを展開し、セキュリティ情報の周知を進めてきたが、今回あらたに国内の公開ウェブサーバ上で活用されているサーバ向けソフトウェアの情報を配信するページを設置した。開発者の公開情報をもとに最新版のバージョン、注意喚起情報などを掲載する。

利用者として、ウェブサイトの運営者や組織内のシステム管理者、ウェブサイトの構築に携わるSIerなどを想定。製品情報やセキュリティ情報を週1回程度を目安として定期的に更新していく。

対象ソフトは、「Apache HTTP Server」「Apache Tomcat」「Apache Struts」「BIND」「OpenSSL」「Joomla!」「WordPress」の7製品。

(Security NEXT - 2018/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開