Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Joomla」が立て続けにアップデートをリリース - 脆弱性やバグに対処

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Joomla」の開発チームは、立て続けにアップデートをリリースし、脆弱性やバグに対処した。

開発チームでは、6月26日に「Joomla 3.8.9」をリリース。同バージョンでは、言語変更用モジュールにおける「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2018-12711」を解消。さらに「PHP 5.3」に起因するローカルファイルインクルードの脆弱性「CVE-2018-12712」を修正している。

セキュリティに関する修正は上記2件のみで、いずれも重要度は「低(Low)」だった。また脆弱性以外にも、50件におよぶバグや機能改善を実施したという。

さらに開発チームは、「同3.8.9」において「Windows server」が影響を受けるバグ1件が見つかったとして、同日に「同3.8.10」をリリースした。Windows環境で利用している場合は、できるだけ早期にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開