Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園

上野動物園が、抽選で当選した申込者に発送したパンダの観覧券において、関係ない別の当選者の情報を記載し、送付するミスが発生した。

同園によると、ゴールデンウィークに向けて実施したパンダ観覧の抽選において、当選ハガキ8180通を送付したが、209件に記載ミスがあったという。観覧券を受け取った申込者の指摘で問題が判明した。

207件において同行者について他の当選者の同行者の名前を記載。また代表者、同行者のいずれも別の当選者の代表者、同行者の名前を記載して送付したケースが2件あった。当落選の結果に誤りはなかったとしている。

委託先事業者における入力ミスが原因で、今回の問題を受け、同園では当選者に電話で連絡を取り、謝罪する書面と観覧券を再度発送した。

(Security NEXT - 2018/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
薬機法の「よくある相談」ファイルに相談者の個人情報 - 大阪府
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ