Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を

4月も中旬を迎え、ほどなくゴールデンウィークを迎える。組織によっては9連休と長期にわたる場合もあるだろう。

例年、セキュリティ機関より注意喚起が行われており、そろそろ発表される時期。2018年も早めにセキュリティ対策の事前準備を進めておきたいところだ。

長期休暇の時期においては、システム管理者が不在となる場合も多い。そのような状況だと、インシデントの発見や対応が遅れ、被害の拡大を招くこともある。

そのような事情を見越し、対応が手薄になりがちな休暇時期をあえて狙ったと見られるサイバー攻撃もこれまでに確認されている。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査