Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保健所で個人情報含む書類を紛失 - 大阪府

大阪府の藤井寺保健所において、感染症の診査に関する協議会委員の個人情報含む書類が所在不明になっていることがわかった。

同府によれば、感染症の診査に関する協議会委員6人の個人情報を記載した書類が所在不明になっているもの。氏名や住所、性別、生年月日、職業、銀行口座番号などが含まれる。

3月2日、書類が入ったファイルを職員が回議し、決裁を担当する別の職員の机の上に置いたが、その後の所在がわからないという。周辺や倉庫内を捜索したが発見できなかった。同府では、対象となる委員に報告と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2018/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府