Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療連携ネットワークで設定ミス、一部で同意なく閲覧可能に - 香川県

香川県は、「かがわ医療情報ネットワーク(K-MIX+)」で登録されている診療情報が、患者の同意なしに医療機関より参照されるケースがあったことを明らかにした。

同県によれば、診療情報を病院間でやり取りする医療連携ネットワーク「K-MIX+」において、診療情報が患者の同意なくほかの医療機関から閲覧できる状態となっていたもの。医療機関から委託開発事業者に対して連絡があり、同県では2月13日に報告を受けた。

患者の同意のもと、かかりつけ医が複数中核医療機関の診療情報を参照できる状態とした場合に、異なる中核機関間で同意なく診療情報を閲覧できる状態となっていた。システムの初期設定においてミスがあったことが原因だという。

同システムの運用を開始した2014年3月からこれまで、同意なく診療情報が閲覧された患者は25人。閲覧された内容については調査を進めている。

同県では、原因となったシステムの初期設定を修正するよう事業者へ指示。また、診療情報が閲覧された患者に対し、説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2018/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
胃がん検診票が所在不明、郵便局に受領データなし - 相模原市
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
肺がん検診受診者の検診票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
立入検査で持ち出した医療機関関連書類を紛失 - 静岡県
コロナ陽性者向けメールで誤送信、作業ミスで宛先にズレ - 東京都