Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ

産業用制御システムで広く利用されているGemaltoのライセンス管理システムに、複数の重大な脆弱性が存在することがわかった。脆弱性を発見したKaspersky Labが注意を呼びかけている。

USBトークンを用いてソフトウェアが正規のものであるか確認するライセンス管理システムに複数の脆弱性が判明したもの。「Sentinel HASP」「Sentinel HASP SRM」「Sentinel LDK」などが影響を受けるとされている。

Kaspersky Labによれば、USBトークンを最初に接続した際、ドライバがインストールされるが、一部で通知することなくWindowsファイアウォールの1947番ポートを開放。アクティベート完了後も開いたままとなり、リモートより同ポートに対して攻撃が可能になるという。

リモートによるコードを実行されるおそれがあるスタックオーバーフローの脆弱性「CVE-2017-11496」「CVE-2017-11497」をはじめ、サービス拒否、NTLMハッシュの取得、設定ファイルを使用したリモート操作など、脆弱性はあわせて14件にのぼる。

(Security NEXT - 2018/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
「制御システムセキュカンファレンス2021」の参加受付がスタート
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド