Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュキャン」修了生の活躍を紹介するイベント - IPA

情報処理推進機構(IPA)とセキュリティ・キャンプ実施協議会は、「セキュリティ・キャンプフォーラム2018」を3月16日に都内で開催する。

同イベントは、セキュリティ人材育成事業「セキュリティ・キャンプ」の修了生に向けて交流や意見交換を行う場を提供。修了生の活動を紹介し、さらなる活躍を支援することを目的としている。

修了生による技術的な講演や企業による講演などを予定している。会場は、フクラシア東京ステーション。情報セキュリティに興味を持つ人なら誰でも参加可能で、定員は100名。参加費は無料。事前に専用のウェブフォームから申し込む必要がある。申し込み締切は3月11日。

詳細や申し込みは、IPAのイベント案内ページから。

(Security NEXT - 2018/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大