Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市

東京都府中市は、不正アクセスを受けて一時停止していた生涯学習センターのウェブサイトを再開した。

同サイトが不正アクセスにより改ざんされたことが判明したため、同市では8月25日にサイトを停止。調査やセキュリティ対策などを進めていたが、セキュリティ対策を実施し、安全を確認できたとして11月30日より再開した。

同市によれば、改ざんされたページを閲覧すると、外部サイトへ誘導され、ブラウザを閉じることが困難となるページが表示される状態だった。

同ページでは、特定の電話番号へ連絡するよう求めたり、ウイルス除去の手順などが表示される状態で、いわゆる「偽警告サポート詐欺」のページだった可能性が高い。

改ざんされた期間中には86件の訪問があり、あわせて109件の閲覧があった。同市が調査を行ったが、同ページの閲覧によるマルウェア感染のおそれはなかったとしている。

今回の問題で、同市に対して11月28日までに90件の問い合わせがあったが、以降問い合わせはなく、12月8日の時点で被害の報告もないという。

(Security NEXT - 2017/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用