Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施

ソフトバンク・テクノロジーとサイバートラスト、竹中工務店は、ビルオートメーションシステムへのサイバー攻撃を想定した脆弱性診断の実証実験を実施する。

同実証実験では、ビルの電気設備や空調設備、防災防犯設備、エレベーターなど機械設備の監視や管理、制御などを行うビルオートメーションシステムの脆弱性診断を行い、IoT機器のセキュリティ課題を可視化して対策方法の検討を進める。

具体的には、竹中工務店が所有するビルオートメーションシステムの関連装置や社内システムから、ビルオートメーションシステムに対して侵入を試行。不正アクセスや情報漏洩を想定した脆弱性診断を実施する。

おもな診断項目として、制御コントローラに対する不正アクセスなど「入出力処理」やPLCや制御コントローラーなどの「制御」をはじめ、「認証」「認可」「外部ポート」の5項目を挙げている。

(Security NEXT - 2017/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC