Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベントチラシに一般出演者の氏名掲載でトラブル - 横浜市

横浜市は、緑区民文化センターで実施するコンサートのチラシに、一般出演者から承諾を得ずに氏名を掲載したとして、チラシを回収した。

同市によれば、同センターが開催する「祈りのコンサート」のチラシに、一般出演者53人の氏名を、本人の同意を得ずに記載したという。

2月13日、出演者からの匿名でメールが届き、問題が発覚した。参加応募の受付時に、氏名の記載について承諾を得たと誤認していたという。

問題のチラシは、同センターのウェブサイトで2月4日に公開。同月7日に同センターの館内配布用のチラシを設置した。また10日には、区内の4駅に設置したほか、コンサートの練習会参加者46人に配布していたという。

同センターでは許可を得ていなかったことが判明したことから、ウェブサイトの掲載部分を削除。すでに配布済みのチラシ約800枚を回収し、対象となる出演者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円