Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀とNECら3社、セキュリティ人材の育成事業で協業

三井住友銀行、日本総合研究所およびNECは、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて協業した。

今回の協業により3社のノウハウを活用することで、金融機関向けのサイバーセキュリティ人材を育成するためのプログラムについて、策定を推進する。

具体的には、三井住友銀行と日本総研が持つ金融業務に関する知見や金融機関における脅威情報のほか、NECのセキュリティ人材育成、セキュリティ技術、サイバー攻撃の手口に関する情報などを活用していく。

策定したプログラムについて、三井住友銀行と日本総研では、自社のセキュリティ強化に利用。NECでは、技術者の早期育成にくわえ、金融機関向けのサイバーセキュリティ人材育成プログラムとして、2017年中にサービスを開始したいとしている。

(Security NEXT - 2016/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA