Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が複数サイト上に投稿、過去の不正アクセスで流出か - ZMP

車の自動運転技術を研究、開発しているZMPから、一部顧客情報が外部へ流出したことがわかった。複数のウェブサイト上に顧客情報が投稿されていたという。

同社によれば、ダイレクトメールの送付先として登録されている顧客リストの一部が、複数のウェブサイトに投稿されていたもの。11月14日、取引先からの連絡で問題が発覚した。流出したのは顧客情報9124件で、所属機関名、所属部署、担当者の氏名とメールアドレスなど含まれる。

流出の原因はわかっていないが、同社では、IDやパスワード管理の不備により、5月にダイレクトメールの送信システムが不正アクセスを受け、同社と関係ないメールが顧客へ送りつけられる被害が発生したが、その際に、システムに登録されていた情報が流出した可能性もあるとして、原因を調べている。

同社では、関係する顧客に対し説明と謝罪のメールを送信。また、顧客情報が投稿されたサイトに対して、情報の削除を要請するとともに、あらたにアップロードが行われていないか、監視を行っている。

(Security NEXT - 2016/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ