Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」のセキュリティ機能に脆弱性 - アップデートが公開

動画再生プラグイン「Flash Player」に脆弱性があることが明らかになった。Adobe Systemsは、アップデートの提供を開始している。

Flash Playerでは、アプリケーションをロードしたドメイン以外のデータへアクセスする際、セキュリティを確保するため、アプリケーションがあるサーバのルート上に配置した「クロスドメインポリシーファイル」を参照する必要がある。

しかしながら、JVNによれば同ファイルの処理に脆弱性があり、不正に細工されたウェブページをクロスドメインポリシーファイルとして認識し、予期せぬデータへのアクセスが発生する可能性があるという。

影響を受けるバージョンは、「Flash Player 7.0.70.0」「同8.0.35.0」「同9.0.48.0」で、いずれも以前のバージョンも含まれる。バージョン8、9については最新版の配布が行われており、7については修正するパッチが提供されるが、今回のアップーデートを最後にサポートが終了になるので注意が必要。

Adobe Systems
http://www.adobe.com/

Flash Player update available to address security vulnerabilities
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb07-20.html

(Security NEXT - 2007/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開