Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」のセキュリティ機能に脆弱性 - アップデートが公開

動画再生プラグイン「Flash Player」に脆弱性があることが明らかになった。Adobe Systemsは、アップデートの提供を開始している。

Flash Playerでは、アプリケーションをロードしたドメイン以外のデータへアクセスする際、セキュリティを確保するため、アプリケーションがあるサーバのルート上に配置した「クロスドメインポリシーファイル」を参照する必要がある。

しかしながら、JVNによれば同ファイルの処理に脆弱性があり、不正に細工されたウェブページをクロスドメインポリシーファイルとして認識し、予期せぬデータへのアクセスが発生する可能性があるという。

影響を受けるバージョンは、「Flash Player 7.0.70.0」「同8.0.35.0」「同9.0.48.0」で、いずれも以前のバージョンも含まれる。バージョン8、9については最新版の配布が行われており、7については修正するパッチが提供されるが、今回のアップーデートを最後にサポートが終了になるので注意が必要。

Adobe Systems
http://www.adobe.com/

Flash Player update available to address security vulnerabilities
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb07-20.html

(Security NEXT - 2007/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

取材情報含むパソコンを紛失、飲酒後に - 時事通信社
休眠預金の一部印鑑票が所在不明に - みなと銀
「EmoCheck v2.4.0」がリリース - 進化した「Emotet」に対応
従業員PCが「Emotet」感染、情報流出の可能性 - 古河電池
PDF生成に用いられるPHPライブラリに深刻な脆弱性
ビデオ会議「Zoom」のクライアントなどに脆弱性 - アップデートで修正
個人情報保護スタンプにインク交換モデル - 新インク搭載
県税関連情報を第三者へ漏洩、電話照会への対応で - 長野県
不正アクセスの認知件数が前年比約45%増 - 検挙者は9.4%増加
公文書の誤廃棄で福祉事務所職員3人を処分 - 三重県