Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JTBグループのマルウェア感染、DeNAトラベルに影響

JTBグループ会社から顧客情報が流出した可能性がある問題で、提携先であるDeNAトラベルは、「DeNAトラベル」の利用者6562人の情報が含まれていたことを明らかにした。

DeNAトラベルによると、同サイトが提供する国内宿とホテルの予約サービスにおいて、施設手配の一部をJTBおよびi.JTBに委託。今回判明したi.JTBのマルウェア感染により、同サービス利用者の一部情報が流出した可能性がある。

対象となるのは、同サービスをPCサイトとスマートフォンサイトのいずれかで利用したことのある顧客6562人分の情報。氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスなどが含まれる。JTBの公表内容にあったパスポート番号やパスポート取得日は含まれないとしている。

同社では、対象となる顧客に順次メールで連絡を取るとともに、便乗して個人情報を聞き出そうとする電話やメールに注意するよう呼びかけた。

(Security NEXT - 2016/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出