Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Rapid7、脆弱性管理ソリューションにデータ収集機能を追加

ラピドセブンジャパンは、脆弱性管理ソリューションの機能を強化した「Nexpose Now」を発表した。日本では、2016年夏に提供を開始する予定。

「Nexpose」は、脆弱性の把握や対策の優先順位付けなどを行うことができる脆弱性管理ソリューション。Metasploitとの統合による脆弱性の評価などにも対応している。

今回あらたに提供する「Nexpose Now」では、エージェントベース、およびエージェントレスの双方を利用して、エンドポイントやクラウドに関する脆弱性データを自動的に収集。パッシブスキャンを行わずに、脆弱性の影響を評価することが可能となった。

また動的なダッシュボードとして「Liveboards」を用意しており、最新情報や修正の進捗状況を表示することが可能。既存のワークフローや他社のパッチ管理ソリューションとの連携にも対応した。

同社では、「Nexpose Enterprise」ユーザー向けに、英語による「Nexpose Live Monitoring」「Liveboards」「Exposure Analytics」「Nexpose Remediation Analytics」のベータ版を提供。日本市場へは2016年夏ごろより提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2016/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス