Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政グループ、内容証明や特別送達で3万7000件に手続き不備

日本郵政グループは、内容証明や特別送達の処理において3万7152件に不備があったとして総務省に報告した。手続き上問題があるため、グループでは送り主に対して再送付や報告書の提出を依頼するという。

内容証明や特別送達には、本来郵便認証司の認証が必要だが、適切に処理されていないケースがあることから、総務省が10月24日に原因究明や再発防止策などの報告を日本郵政グループに求めていたもの。

同社が調査を実施した結果、押印や署名漏れ、証明文に誤りがあるなど、認証にミスが判明。内容証明については、郵便局や郵便事業であわせて2万4771件、特別送達は1万2381件に問題が見つかったという。

両社は、手続き上問題がある内容証明については、謄本から差出人を確認し、謝罪の上、再送付を依頼するという。また、特別送達の郵便物については、郵便送達報告書の写しに不備事項がある場合に差出人へ連絡、郵便送達報告書を返送を依頼し、補正する。

今回わかった事務上の問題について、郵便事業などは、従業員への徹底が不十分で、マニュアルが行き渡っていなかったことが原因だと説明している。自主点検などを実施するほか、モニタリング人員によりチェックなどを実施し、再発を防止するという。

日本郵政
http://www.japanpost.jp/

(Security NEXT - 2007/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合