Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の健康診断受診票が一時所在不明に - 北海道教育大

北海道教育大学において、学生の健康診断受診票が一時所在不明となっていたことがわかった。2週間後に学内で発見、回収されたという。

委託先の北海道対がん協会が4月6日に実施した学生健康診断において、15人分の受診票を一時紛失したもの。受診票には氏名や性別、生年月日のほか、健康診断の結果などが記載されている。

同大学では委託業者からの報告を受けて明らかとなり、委託事業者が4月8日に同大内を捜索。その際に発見できなかったが、20日に学内において教員が発見、回収したという。

問題の受診票は、回収場所から120メートルほど離れた渡り廊下の脇に設置された棚の上に、廃棄用段ボール箱のふたに挟まるような形で見つかったという。

個人情報が不正に利用されるなど被害は確認されていない。同大学では、対象となる学生とその保護者に説明を行うとしている。

(Security NEXT - 2016/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県