Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kea DHCPサーバ」のログ機能に脆弱性 - クラッシュのおそれ

「Kea DHCPサーバ」において、特定の環境下で外部パケットによりサービスが停止する脆弱性が含まれていることがわかった。修正版が公開されている。

今回の脆弱性「CVE-2015-8373」は、一定のデバッグレベル以上でログを出力している場合に、細工されたパケットを受信するとクラッシュする可能性があるという。内部テストで明らかとなったもので、脆弱性の悪用などは12月22日の時点で確認されていない。

脆弱性が存在するのは、「同0.9.2」「同1.0.0-beta」。脆弱性が生じるデバッグレベルは異なるが、「IPv4」「IPv6」いずれの環境も含まれる。

脆弱性を修正した「同0.9.2-P1」「同1.0.0-beta2」を公開。また攻撃の回避策として、ログ出力におけるログレベルの調節や、ログ出力の無効化などをアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開