Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

設定ミスでマイナンバーを住民票へ誤記載 - 取手市

茨城県取手市において、マイナンバーを記載した住民票を誤って交付していたことがわかった。

同市によれば、10月5日から9日にかけて、市内2カ所の自動交付機で発行された住民票に、個人番号を誤って印字していたことが判明したもの。10月9日14時ごろに住民より指摘を受け、問題が発覚した。

本来、自動交付機では個人番号を記載しないはずだったが、同市が委託する茨城計算センターが、住民基本台帳システムや自動交付機の設定作業を行った際、記載しないよう設定していなかったという。

今回の設定ミスにより、個人番号を印字した住民票を69名に交付した。同市では職員が対象者へ訪問し、謝罪している。

(Security NEXT - 2015/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市