Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内状の宛名ラベルに性別と生年月日、指示ミスで - 宮代町

埼玉県宮代町において、住民に郵送した案内状の宛名ラベルに、本来記載する必要がない生年月日と性別が印字されるミスが発生した。

同町によれば、9月30日に発送した住民宛ての郵便物で誤記載が発生したもの。同町が開催する「地域ワークショップ」の案内通知で、住民基本台帳から16歳以上の住民を無作為で3000人抽出して郵送した。

宛名ラベルには、住所や氏名以外に本来は記載する必要のない生年月日と性別が印字され、通知を受け取った住民の指摘により10月2日に問題が判明した。

記載ミスが発生した原因について、同町は委託業者への指示に誤りがあったと説明。納品された宛名ラベルの確認が不十分だったという。対象となる住民には、お詫び状を送付する。

(Security NEXT - 2015/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
会員宛てDM宛名に誤ってクレジットカード番号を印字 - 南海電鉄
JTBグループのマルウェア感染、DeNAトラベルに影響
ドコモ「dトラベル」顧客情報約33万人分が流出した可能性 - JTBのマルウェア感染影響で
JTBの顧客情報約793万人分が外部流出か - 偽取引先メールでマルウェア侵入
クレカ売上票が運搬過程で所在不明に - 岡山の旅行代理店
宿泊予約サイト「MAPPLEトラベル」に不正アクセス - メルアドやPWが流出か
職員選考試験の結果を誤送付、宛名ラベル作成ミスで - 愛知県