Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリのセキュア開発ガイドが改訂 - 「Android Studio」向けコード収録

20150710_js_001.jpg

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」の改訂版を公開した。無料で利用できる。

同ガイドは、Android向けアプリを設計、開発する際に、脆弱性などを作り込まないセキュアコーディングのノウハウを収録した資料。2012年6月に初版を公開し、改訂を重ねている。

最新版となる「同2015年6月1日版」では、2014年12月にGoogleが開発環境「Android Studio」を発表したことから、同環境に対応したサンプルコードを収録した。また最新版「Lollipop」に対応している。

同協会のウェブサイトより無料でダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2015/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.49」を公開 - ゼロデイ脆弱性に対処
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
トレンドマイクロのWindows向けパスワード管理製品に脆弱性
「Firefox」や「Thunderbird」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
「BIG-IP」などF5の複数製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も