Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールで届いた「訃報」が実際はマルウェア - 中国グループが新手口

米Palo Alto Networksは、日本国内の組織に対して「訃報」に見せかけて新種マルウェアをメールで送り付ける新手の標的型攻撃を確認したことを明らかにした。犯行グループは、過去に偽の「履歴書」を攻撃へ利用していたこともあり、今後別の手口にも注意が必要だ。

20150420_pa_001.jpg
偽「訃報」の一例(画像:パロアルトネットワークス)

同社によれば、今回の攻撃は、1月から3月にかけて日本の大手製造業やハイテク産業を対象に行われたもの。攻撃手法としては、実行ファイルを「Wordファイル」や「Excelファイル」に偽装。「訃報」に見せかけて添付ファイルとしてメールで送り付けていたという。

遠隔操作ツールとして、従来より利用されている「PoisonIvy」「NewCT」「PlugX」ではなく、今回の攻撃では新種を利用しているのも特徴で、マルウェアの制作者が「FormerFirstRAT」と呼んでいたことから、同社は「FormerFirstRAT」と名付けた。

誤ってメールの添付ファイルを開くと、マルウェアがダウンロードされる。感染後は、システムの制御が奪われ、キー入力の内容や、端末内部に保存されているファイルなどを窃取されるおそれがある。

(Security NEXT - 2015/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
欧米捜査機関、高級車乗り回すランサム関係者2人を逮捕 - 暗号資産も凍結
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足