Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約6000件の「児童医療費台帳データ」が所在不明に - 上三川町

栃木県河内郡上三川町は、児童医療費助成に関連する個人情報が保存されたCD-Rを、委託事業者が紛失したことを明らかにした。

同町が1月29日に委託先へ預けたCD-Rが、所在不明となっているもの。2月5日に委託先から社内で紛失した可能性があるとの報告を受けたという。

同CD-Rには、個人情報5912件を含む「児童医療費台帳データ」が保存されていた。医療費助成対象となる児童の氏名や性別、保護者の氏名、住所、口座番号などを含まれる。医療データの記載はなかった。

委託先では、不正持ち出しの可能性も否定できないとしつつも、社内で誤って廃棄した可能性が高いと報告。報告を受けた同町でも、不正利用に関する報告や問い合わせは、確認されていないことを理由に漏洩の可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2015/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
阪南市でワクチン予約者リストを誤送信 - 当日指摘あるも確認5日後
被保険者情報を無関係の自治体へ誤送信 - 北海道国民健康保険団体連合会
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子