Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード情報を販売する闇サイトの偽物現る - 犯罪者も騙し合い

不正取得されたクレジットカード情報を売買する闇サイトが確認されているが、さらに犯罪者を騙す「偽サイト」が登場している。

トレンドマイクロが、犯罪者集団「Lampeduza」が運営することで知られ、クレジットカード情報が売買されているアンダーグラウンドサイト「Rescator」の偽サイトを確認したもの。

問題のサイトは本物のサイトと似せた構造で、ログインするとアカウントを有効にするため、49米ドルを仮想通貨の「Bitcoin」で支払うよう要求していた。

サイトの運営者は不明だが、別の犯罪グループがその知名度を利用して偽サイトに誘導した可能性があるとトレンドマイクロでは指摘。さらに、いくつかの証拠から本物のサイトを運営する「Lampeduza」自身が関与している可能性も否定できないという。同社では引き続き監視を続けている。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
DMMをかたるフィッシング、本人確認装い偽サイトへ誘導
「メルカリ」装うフィッシングが急増 - なりすましのメルペイ不正取引も発生
「明治安田生命」のポータルサイト装うフィッシング
「UCSカード」の利用者狙うフィッシング攻撃 - 利用を制限と不安煽る
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意
さまざまな口実でで不安煽る「メルカリ」や「メルペイ」装うフィッシング
「さくらインターネット」を装うフィッシング - 「虚偽登録」「契約解除」など複数文面で出回る
システム管理者狙う「お名前.com」のフィッシング - 「ドメインを利用制限」と不安煽る