Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、マイナンバー制度対応する自治体向けソリューション

NECは、地方公共団体向けに「マイナンバー対応ネットワーク・セキュリティソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、セキュリティ対策の簡易アセスメントを実施した上で、ネットワークのコンサルティングから、設計、構築、保守などワンストップで提供する。

具体的には、マイナンバー制度における特定個人情報を格納する「中間サーバ」へのネットワーク接続をはじめ、サンドボックスを利用したマルウェア対策、サーバへの接続メディアの限定や暗号化などのソリューションを提供。

さらに、SDNの構築やアクセス制御、地方公共団体内に複数あるネットワークの統合のほか、特定個人情報へのアクセス管理などをサービスのラインナップとして用意している。

(Security NEXT - 2014/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
マイナンバーカードの住所更新でミス、廃止状態に - 大阪市
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令