Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SPFレコード設定している日経平均採用企業は23.1%に

HDEは、日経平均へ採用されている225社における送信ドメイン認証技術「SPF」の利用率を発表した。

同社が、225社におけるDNSサーバの設定状況を確認したもので、1月20日の時点でSPFレコードを設定していたのは23.1%にあたる52社だった。2009年以降、長らく40社前後で推移してきたが、2010年11月ごろより導入企業の増加が見られ、2011年に入って50社を突破した。

今回の調査で「SPF」の利用率が上昇した理由について、一部携帯電話キャリアによる迷惑メール対策の拡充が影響したと同社では分析している。

(Security NEXT - 2011/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加