Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリンパスのコンパクトデジカメにウイルスが混入

オリンパスは、コンパクトデジタルカメラ「μTOUGH‐6010」の内蔵メモリにウイルスが混入したと発表した。同社はユーザーへ対応を呼びかけている。

製造時にウイルス「WORM_AUTORUN.KFJ」が混入したもの。カメラとして利用する際は影響はないが、PCへ接続するとオートラン機能によりPCなどへウイルス感染が拡大するおそれがある。

同製品は2009年7月より販売しており、対象となるロットは1709台に上るという。同社ではシリアルナンバーから対象商品であるか確認できる検索ページや駆除ツールを用意している。

対象製品だった場合は、カメラの内蔵メモリの初期化やセキュリティ対策ソフトにより自身で駆除するか、同社へ送付することによりウイルスを駆除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
個人情報含む高齢者名簿が所在不明に - 北九州市
個人情報などウェブ入力内容を委託先に外部送信 - 新生銀
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市