Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロミス、回線不具合によりATMなどで一時取引不能に

消費者金融のプロミスは、3月10日に回線障害が発生し、一部で取引ができなくなる障害が発生したと発表した。

3月10日の9時45分ごろから58分までの約13分間にわたり、首都圏内の一部ATMや自動契約機が利用できない状態となったもの。原因はNTT回線の不具合で、ATM57台、自動契約機58台に影響が出た。

プロミス
http://www.promise.co.jp/

(Security NEXT - 2009/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
みずほ銀でシステム障害 - 一時店頭で取引できず
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
コード決済サービス「d払い」で一時障害 - サーバに不具合
「PR TIMES」で障害、一部プレスリリースが未配信に