Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リムーバブルメディア経由の感染が依然としてまん延 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが2011年11月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況について発表した。

ESETがまとめたマルウェアランキングによると、トップ10に目立った変動はなく、圏外から浮上したものはなかった。

1位は前月と変わらず「INF/Autorun」。2位の「Win32/Dorkbot」や5位の「Win32/Conficker」、6位の「Win32/Autoit」など、リムーバブルメディア経由で感染するマルウェアが上位を占めている。

3位の「HTML/ScrInject.B」および4位の「HTML/Iframe.B」、9位の「JS/TrojanDownloader.Iframe.NKE」など、ドライブバイダウンロード攻撃に利用されるマルウェアや、「Win32/Sality」や「Win32/Ramnit」などのファイル感染型ウイルスも依然としてランクインしている。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:INF/Autorun
2位:Win32/Dorkbot
3位:HTML/ScrInject.B
4位:HTML/Iframe.B
5位:Win32/Conficker
6位:Win32/Autoit
7位:Win32/Sality
8位:Win32/Ramnit
9位:JS/TrojanDownloader.Iframe.NKE
10位:Win32/PSW.OnLineGames

(Security NEXT - 2012/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2013年の国内モバイルセキュリティ市場は58億円 - 前年比25.8%増
前四半期からマルウェアが増加 - 不正サイトへの誘導や偽ソフトの拡大目立つ
54%がマルウェア対策製品では検出不可能 - NTTコムレポート
9月以降、国内でランサムウェアが増加傾向
2014年3Qのインシデント動向、8月に「マルウェアサイト」増加
ネット検索で危険なセレブ、人気深夜番組の司会者がトップ - ミュージシャンも標的に
「Conficker」が脅威トップ - 発見から6年経過も依然活発
巧妙化進む標的型攻撃、対象者を事前調査か - Android端末もターゲットに
ドライブバイダウンロード攻撃、6割はJava脆弱性を標的に
標的型攻撃が約4倍に拡大、添付ファイルによる攻撃が中心