Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大

名古屋市立大学の教員が、学生の成績を含む資料を一部の学生に開示し、流出していたことがわかった。

同大によれば、7月3日12時ごろ、総合生命理学部の教員が、同学部3年生の研究室配属に関する事前シミュレーション結果を示す資料について、一部の学生に閲覧と撮影を許可したという。資料には、一部の学生の成績(Grade Point Average)が含まれていた。

同日22時ごろ、学年担任の教員に個人情報の流出を指摘する匿名のメールが届き、問題が判明した。

今回の問題を受けて、同大では翌6日に同学部3年生全員に対し、メールで個人情報の流出を報告して謝罪。さらに同月8日、10日に説明会を開催して経緯の説明と謝罪を行った。資料の画像を保存していた学生には、データを削除したことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2020/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大
1年前のメール送信ミスを公表、匿名による指摘 - 新潟県
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村