Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、2020年度に実施する実践的サイバー防御演習「CYDER」の申し込みを受付開始した。

同演習は、国の機関や地方公共団体、重要インフラ事業者、民間企業を対象に、体験型のサイバー防御演習を提供するもの。セキュリティインシデントが発生した際の対応手順や事前の備えなどを学ぶことができる。

カリキュラムは事前オンライン学習と集合演習があり、事前オンライン学習ではセキュリティに関する基礎的な用語や知識を初心者でもわかりやすく学ぶことができる。集合演習では、現実的なシナリオをもとに実際にパソコンの操作やディスカッションをしながら、組織の一員としてインシデントの対処法を体験する。

全国47都道府県において合計100回程度開催する予定。受講費用は、国の機関や地方公共団体に所属している場合は無料。それ以外の法人や団体に所属している場合は1人7万円(税別)。開催日程などの最新情報は、CYDERのウェブサイトを参照のこと。

20200703_ni_001.jpg
演習コースの内容や受講対象者(表:NICT)

(Security NEXT - 2020/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実践サイバー演習「CYDER」が追加開催 - NICT
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
6月11日から「サイバーコロッセオ」がスタート - オリパラも向け模擬演習
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」