Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気

電子機器総合メーカーの古野電気は、シンガポールのグループ会社のメールアカウントが不正アクセスを受け、取引先に迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、グループ会社FURUNO SINGAPOREのメールアカウントが不正アクセスを受け、取引先など約800件に対し、迷惑メールが送信されたという。

同社では、不正利用されたメールアカウントを停止。他メールアカウントについて調査し、同様の被害が発生していないことを確認した。また、迷惑メールが送信された取引先に対しては、グループ会社から説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
メアドが不正使用、不特定多数に迷惑メールが送信 - 横浜中華街発展会協同組合
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も