Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性

「e-Tax受付システム」のログイン機能を提供するChrome向け拡張機能「e-Tax受付システムAP」に脆弱性が判明した。

同ソフトは、パソコンからマイナンバーカードなどを利用して、「e-Tax受付システム」へログインすることが可能となる機能拡張。国税庁が提供している。

細工されたパラメータを読み込むと、任意のコマンドが実行されるおそれがある「CVE-2020-5601」が明らかとなった。共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のベーススコアは「5.0」とレーティングされている。

サイバーディフェンス研究所のucq氏が情報処理推進機構へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同庁では6月18日にアップデートとなる「同1.0.1.0」をリリースしており、利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新