Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リスク評価と必要なSIEMルール設計をパッケージで

マクニカネットワークスは、脅威を踏まえたリスク分析と、SIEMにおいてリスクを検知するためのルール設計をパッケージとして提供するコンサルティングサービスを開始した。

「簡易セキュリティコンサルティングパッケージ」は、SIEMを導入済みの組織に対して、リスクアセスメントと判明したリスクへの対策としてSIEMにおける検知ルールの設計をパッケージとして提供するもの。

リスクの分析には、米MITREがサイバー攻撃の流れや手法を体系化した「MITRE ATT&CKフレームワーク」を活用。リスクの状況に応じて、実装に必要なデータソースやSIEMの内部ロジック、測定頻度、メトリックなどの設計情報を提供する。

コンサルティング期間は約1カ月で価格は580万円(税別)。

(Security NEXT - 2020/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
テレワークのリスク評価サービス - セキュアワークス
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト