Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件

Googleは、ブラウザの最新版「Chrome 83」をリリースした。機能強化のほか、セキュリティに関する38件の修正を実施している。

今回公開した「Chrome 83.0.4103.61」では、クロスサイトスクリプティング(XSS)対策を強化。あらたなクロスオリジンポリシーを採用したほか、「同79」以降でテストされてきた「DNS over HTTPS(DoH)」の一部機能について提供を開始した。

セキュリティに関する修正は38件としており、CVEベースで27件を解消したことを明らかにしている。今回修正された脆弱性に、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に高い「高(High)」とされる脆弱性は5件で、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性や型の取り違え、ポリシー適用の不具合などへ対処した。

さらに1段階低い「中(Medium)」の脆弱性17件や「低(Low)」5件についても修正している。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-6465
CVE-2020-6466
CVE-2020-6467
CVE-2020-6468
CVE-2020-6469
CVE-2020-6470
CVE-2020-6471
CVE-2020-6472
CVE-2020-6473
CVE-2020-6474
CVE-2020-6475
CVE-2020-6476
CVE-2020-6477
CVE-2020-6478
CVE-2020-6479
CVE-2020-6480
CVE-2020-6481
CVE-2020-6482
CVE-2020-6483
CVE-2020-6484
CVE-2020-6485
CVE-2020-6486
CVE-2020-6487
CVE-2020-6488
CVE-2020-6489
CVE-2020-6490
CVE-2020-6491

(Security NEXT - 2020/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み