Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ

研究者より「NXNSAttack」の報告を受けた各DNSの開発者は、脆弱性へ対応するため、パッチやアドバイザリをリリースした。

Internet Systems Consortium(ISC)では、「BIND」において脆弱性「CVE-2020-8616」として対応。「BIND 9.16.3」「同9.14.12」「同9.11.19」にて修正を実施した。

NLnet Labsの「Unbound」では「CVE-2020-12662」として対策を講じ、「同1.10.1」をリリース。Knot Resolverでは「CVE-2020-12667」として対処した「同5.1.1」を提供している。

またPowerDNSからは、「CVE-2020-10995」として脆弱性を解消した「同4.3.1」「同4.2.2」「同4.1.16」がリリースされている。

またマイクロソフトでは「Windows Server」のDNSサーバも影響を受けるとしてアドバイザリをリリース。緩和策としてDNSリクエストの応答を制御する「Response Rate Limiting(RRL)」機能の利用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件
「Samba」に3件の脆弱性、アップデートがリリース
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
Samba、パッチで脆弱性2件を修正
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「FONルータ」がDDoS攻撃に悪用されるおそれ - 修正更新を実施
権威DNSサーバ「NSD」にアップデート - 脆弱性を解消