Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク

2019年度のセキュリティ投資について、前年度より投資増を見込む企業が36%にのぼり、減らすとする10%を大きく上回った。

IDC Japanが、国内企業878社を対象にセキュリティ対策の実態調査を実施、結果を取りまとめたもの。2020年1月時点の調査であり、新型コロナウイルス感染症による外出自粛などが実施される前に行われた点に留意する必要がある。

2019年度におけるセキュリティ投資の増減率について、2018年度と比べて増加とする企業が36%となり、減少とする10%を26ポイント上回った。

2020年度におけるセキュリティ投資の見込みについては、2019年度を上回ると回答した企業は38%にのぼり、下回ると回答した企業は9%だった。

2020年度のセキュリティ投資増を見込む企業を見ると、「ネットワークセキュリティ」「アンデンティティ、アクセス管理」「クラウドセキュリティ」を投資の重点項目としている企業が目立つ。しかし6割近くの企業では、セキュリティの予算は決められていなかったという。

(Security NEXT - 2020/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可