Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開

警視庁は、楽しみながらサイバーセキュリティを学ぶことができるボードゲームをウェブサイトで公開した。

「サイバー迷宮脱出ゲーム」は、すごろく形式でセキュリティを遊びながら学ぶことができるボードゲーム。同庁サイトでPDFファイルとして公開しており、家庭用プリンタで印刷して楽しむことができる。

クイズカードやアクシデントカードなど通じて、インターネット上で発生するトラブルへの対処方法などを学びつつ、ゴールを目指す内容となっている。

対象は、小学生高学年から高校生と保護者。実施人数は、プレイヤー2名と高校生以上の進行役1名の3名以上を推奨。

20200424_ke_001.jpg
ゲームのイメージ(画像:警視庁)

(Security NEXT - 2020/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ