Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Autodesk FBX SDK」に複数のRCE脆弱性 - MS製品にも影響

「Autodesk FBX Software Development Kit」にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。オートデスクの複数製品のほか、マイクロソフトの「Office」や「Paint 3D」にも影響があり、アップデートがリリースされている。

「同2020.0」にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-7080」や型の取り違いが生じる脆弱性「CVE-2020-7081」、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-7082」、ヒープオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-7085」など、あわせて6件の脆弱性が明らかとなったもの。

細工されたファイルを開くと、任意のコードを実行されたり、サービス拒否を引き起こすおそれがある。脆弱性の判明を受け、同社は影響を受けるアプリケーションのアップデートをリリースした。

同SDKは、マイクロソフトの「Windows 10」において標準で搭載されている「ペイント3D」や、「Office」にも実装されており、脆弱性の影響を受ける。マイクロソフトでは、同脆弱性へ対処するため、3Dコンテンツの処理方法を修正するアップデートを定例外でリリースした。

今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-1967
CVE-2020-7080
CVE-2020-7081
CVE-2020-7082
CVE-2020-7083
CVE-2020-7084
CVE-2020-7085

20200422_ad_001.jpg
脆弱性の影響を受けるオートデスク製品

(Security NEXT - 2020/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起