Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Autodesk FBX SDK」に複数のRCE脆弱性 - MS製品にも影響

「Autodesk FBX Software Development Kit」にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。オートデスクの複数製品のほか、マイクロソフトの「Office」や「Paint 3D」にも影響があり、アップデートがリリースされている。

「同2020.0」にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-7080」や型の取り違いが生じる脆弱性「CVE-2020-7081」、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-7082」、ヒープオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-7085」など、あわせて6件の脆弱性が明らかとなったもの。

細工されたファイルを開くと、任意のコードを実行されたり、サービス拒否を引き起こすおそれがある。脆弱性の判明を受け、同社は影響を受けるアプリケーションのアップデートをリリースした。

同SDKは、マイクロソフトの「Windows 10」において標準で搭載されている「ペイント3D」や、「Office」にも実装されており、脆弱性の影響を受ける。マイクロソフトでは、同脆弱性へ対処するため、3Dコンテンツの処理方法を修正するアップデートを定例外でリリースした。

今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-1967
CVE-2020-7080
CVE-2020-7081
CVE-2020-7082
CVE-2020-7083
CVE-2020-7084
CVE-2020-7085

20200422_ad_001.jpg
脆弱性の影響を受けるオートデスク製品

(Security NEXT - 2020/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件