Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供

キヤノンマーケティングジャパンは、「EDR運用監視サービス」を5月8日より提供開始する。

今回開始するのは、エンドポイント上の疑わしい動きを検出、分析調査できるESET製EDR「ESET Enterprise Inspector」の運用や監視を提供するマネージドセキュリティサービス。

提供にあたってはブロードバンドセキュリティと協業。BBSecのセキュリティオペレーションセンターよりフルタイムで製品のアラートを監視、分析して危険度に応じて通知する。

インシデント発生時は、ネットワークから端末を隔離したり、不正なプロセスを強制的に停止するなど初動対応を支援。月次レポートを提供する。またオプションで詳細調査や報告会などにも対応。

自社でSOCやCSIRTを保有する組織向けにサービスを絞り込んだエントリーサービスと、検知イベントの分析や隔離まで引き受けるスタンダードサービスをラインナップに用意。料金はそれぞれ1台あたり2300円/年、3800円/年から(税別)。ハードウェアやライセンス費用などは別途必要。

同社は、同サービスを含めたエンドポイントセキュリティ事業で、2021年に100億円の売上げを目指すとしている。

20200421_cm_001.jpg
サービスメニューの内容(表:キヤノンMJ)

(Security NEXT - 2020/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス