Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少

2020年第1四半期におけるインシデントは5509件だった。フィッシング攻撃やマルウェアサイト、DoS攻撃などで増加が見られた。

20200420_jp_002.jpg
インシデント件数や調整件数(表:JPCERT/CC)

JPCERTコーディネーションセンターが、同四半期のインシデント状況を取りまとめたもの。

重複を除いたインシデント件数は5509件。前四半期の5385件から124件の増加となった。

インシデント件数を月別に見ると、1月が1765件、2月が1685件で推移する一方、後半3月に2059件と2000件を超えている。

同センターに寄せられた報告件数は6510件で、前四半期から25%増加。特に3月が2947件と突出して多かった。サイトの管理者などに対応を依頼した「調整件数」は4107件。前四半期から17%増加している。

(Security NEXT - 2020/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
日本シーサート協議会が一般社団法人化 - 互助関係強化を推進
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク